◎11月の中小企業月次景況調査(平成27年11月末現在)

《概 要》
11月のDIは、9指標中主要3指標を含む7指標が悪化し、中でも前回大きく上昇を見せた売上高DIは、前月比で4.7ポイントも悪化に転じる結果となった。  全国的な暖冬傾向が冬物需要の消費性向を大幅に低迷させており、気候変動やコスト高に伴う価格体系の不安定化も相俟って、需給バランスの不調を引き起こし、売上高の縮減を招いている。 また、中国を始めとするアジア市場の減退基調や先進欧米諸国の経済不安等、グローバルリスクも広範に高まっており、中小企業の先行きは依然として予断を許さない状況にある。

グラフ

(図をクリックすると拡大します)

《詳細については、以下をご覧下さい》

  1. 月別・業種別DI値・図表等(PDF形式)

  2. 情報連絡員からの報告(コメント)(PDF形式)


【今後3か月間の月次景況調査発表予定】

12月末現在:1月21日(木)、1月末現在:2月22日(月)、3月末現在:3月22日(火)


■  過去の月次景況調査結果一覧へ


Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved