全国中小企業団体中央会-ビジネススクエア Natilnal Federation of Small Business Associations
中央会までの地図 サイトマップ ENGLISH

◎「新卒者就職応援プロジェクト」 4月15日より登録開始(2013.4.15 全国中央会)

 「新卒者就職応援プロジェクト」

4月15日登録開始

職場実習(インターンシップ)で中小企業と若手人材との出会いを創出!

全国で20,000名の就職支援


 

 
全国中小企業団体中央会では、平成22年以降3月に大学等を卒業した就職未内定の方等を対象に、中小企業や小規模事業者の生産現場等に触れる機会を提供するとともに、中小企業や小規模事業者で働く上で必 要な技能・技術・ノウハウ等を習得してもらうための職場実習(いわゆるインターンシップ)等を実施する『新卒者就職応援プロジェクト』を4月15日(月)から開始します。

厚 生労働省・文部科学省発表の就職内定率は81.7%(2013年2月1日現在)と一時期より改善したものの依然として厳しい雇用状況は続いており、今春大 学等を卒業した多くの方が未だ就職先がないという状況にあります。要因のひとつとして、企業(特に中小企業・小規模事業者)と若年層求職者の採用・就職段 階におけるミスマッチが挙げられます。

『新 卒者就職応援プロジェクト』では、平成22年3月以降に大学等を卒業する就職先が未内定の方等を対象に、中小企業の仕事現場に触れる機会を提供するととも に、中小企業で働く上で必要とされる技能・技術・ノウハウ等を習得してもらうために、長期間の職場実習(いわゆるインターンシップ)を実施します。職場実 習中はきめ細やかなキャリアカウンセリングや定期的なフォローアップを通じて、中小企業・小規模事業者の優秀な人材確保を支援します。

当事業を通じて若年層求職者と中小企業・小規模事業者をマッチングし、就職率の向上と中小企業・小規模事業者の活性化に貢献します。



 
『新卒者就職応援プロジェクト』概要
 
 
事 業概要:  全国で20,000名の平成22年3月以降に大学等を卒業する就職未内定の方等を対象に、最大6か月の職場実習(いわゆるインターンシップ)を実施し、中小企業・小規模事業者の仕事現場で働く上で必要な技能・技術・ノウハウを習得する機会を提供する。
実施機関が事前のキャリアカウンセリングから職場実習終了までをきめ細かく支援し、中小企業・小規模事業者の優秀な人材確保を支援する。
対  象 実習生〕
@ 新卒者及び平成22年3月以降に高等学校、大学(大学院及び短期大学を含む)、高等専門学校、専修学校等(以下、「大学等」という。)を卒業した未就職者。
A 平成26年3月に大学等(高等学校、高等専門学校を除く。)を卒業予定であって、平成25年10月1日以降、就職先未内定である学生

〔企 業〕
 
中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業者であって、本事業の趣旨を理解した採用意欲のある中小企業・小規模事業者(みなし大企業を除く)
実施期間: 平成26年1月31日(金)まで
実施地域: 全国
特  徴: ・実習期間中は実習生へ「技能習得支援助成金」を支給(日額最大7000円)
・実施機関ではキャリアカウンセラーを配置し、実習生の各種相談に対応
問合せ先 : 下記チラシ参照 ※画像をクリックすると拡大します。


(事業者向け)

(実習生向け)
 


このページのトップに戻る↑
Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved