全国中小企業団体中央会-ビジネススクエア Natilnal Federation of Small Business Associations
中央会までの地図 サイトマップ ENGLISH

◎「中小企業新戦力発掘プロジェクト」 4月15日より登録開始(2013.4.15 全国中央会)

 「中小企業新戦力発掘プロジェクト」

4月15日登録開始

“新戦力”として「育児等で一度退職し、再就職を希望する者」を活かす!

全国で5000名の就職応援


 

 全 国中小企業団体中央会では、育児等で一度退職し、再就職を希望する者を対象に、中小企業や小規模事業者の現場に触れる機会を提供すると共に、職場経験のブ ランク(空白期間)を埋めるための職場実習(インターンシップ)等を実施する『中小企業新戦力発掘プロジェクト』を4月15日(月)から開始します。

わが国の女性の年齢階級別労働力率は20代後半から30代にかけて比率が落ち込むいわゆる「M字カーブ」を描いており、女性の育児と仕事の両立支援や、離職後のスムーズな再就職が社会的な課題となっています。
 一方で中小企業・小規模事業者の中には、採用に前向きでありながらも、自主的な取り組みだけでは優秀な人材の採用が困難な企業もあり、雇用のミスマッチが発生しています。

そ のため『中小企業新戦力発掘プロジェクト』では、育児等で一時退職し、再就職を希望する者を新戦力人材と位置づけ、採用意欲のある中小企業・小規模事業者 におけるインターンシップを通じて、職場経験のブランクを埋めるためのインターンシップの機会を提供するほか、キャリアカウンセリングや定期的なフォロー アップを通じて、職場復帰を支援します。

当事業を通じて新戦力人材と中小企業・小規模事業者をマッチングし、復職率の向上と優秀な人材の確保に貢献します。



 
■『中小企業新戦力発掘プロジェクト』概要 
 
 
事業概要:   全国で5000名の育児等で一度退職し、再就職を希望する者(新戦力)を対象に、中小企業・小規模事業者における数週間〜6ヶ月程度のインターンシップを 実施し、その現場に触れ、職場経験のブランクを埋める機会を提供する。また、インターンシップを通じ、中小企業・小規模事業者の優秀な人材確保を支援す る。
対  象 〔実習生〕
 育児等で一度退職し、再就職を希望する者(新戦力)で、同一企業における2年間以上の正社員としての職歴を有する方

〔企 業〕
 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業者であって、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行なう労働者の福祉に関す る法律(平成>3年法律第76号)」第23条第1項に規定する所定労働時間の短縮措置(短時間勤務制度)を講じていること。本事業の趣旨を理解した 採用意欲のある中小企業・小規模事業者(みなし大企業を除く)
実施期間: 平成26年1月31日(金)まで
実施地域: 全国
特  徴: ・実習期間中は実習生へ「技能習得支援助成金」を支給
  (実習時間により変動、 日額最大7000円)
・実施機関ではキャリアカウンセラーを配置し、実習生の各種相談に対応
問合せ先 : 下記チラシ参照 ※画像をクリックすると拡大します。


(事業者向け)

(実習生向け)
 


このページのトップに戻る↑
Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved