ものづくり中小企業製品開発等支援補助金の公募予告について

 

全国中小企業団体中央会では、国の平成21年度補正予算の成立を受けて、「ものづくり中小企業製品開発等支援補助金(試作開発等支援事業、製品実証等支援事業)」の公募を6月12日(金)より開始する予定です(第1回締切は、6月24日(水)を予定。)。

この補助金は、ものづくり中小企業者の技術力向上を図ることにより国際競争力を強化することを目的としており、「試作開発等支援事業」(ものづくり中小企業の試作品開発から販路開拓等への支援)と「製品実証等支援事業」(ものづくり中小企業の製品実証等への支援)の2つの事業から成り立っています。

「試作開発等支援事業」では、中小企業者がものづくり基盤技術(※)を活用して行う試作品開発と販路開拓に要する経費を補助します(補助率3分の2)。

「製品実証等支援事業」では、ものづくり中小企業者が公設試験研究機関等へ製品の実証等を依頼した場合の経費を補助します(定額補助)。

 

 公募要領等につきましては、6月5日(金)にホームページに掲載する予定です。

 

  ものづくり基盤技術とは、次の技術を指します。

金型、鍛造、鋳造、金属プレス、組込みソフトウェア、電子部品、デバイスの実装、プラスチック成形加工、粉末冶金、溶射、動力伝達、熱処理、溶接、めっき、部材の結合、位置決め、切削加工、織染加工、高機能化学合成、発酵、真空の維持