全国中小企業団体中央会

応援します。組織で伸びる21世紀の中小企業

イメージ

 

全国中小企業団体中央会

 

サイトマップサイトマップ

HOMEHOME

 

 

北の大地で誓おう フロンティア精神 組織の力

 〜「第57回中小企業団体全国大会」を開催し、重要課題13項目を決議! (全国中央会)

 

 全国中央会は、9月15日、北海道中央会との共催により、『北の大地で誓おう フロンティア精神 組織の力』を合い言葉に、「第57回中小企業団体全国大会」を「札幌ドーム」(北海道札幌市)において開催した。

 

 本年7月、世界自然遺産に登録された知床を抱く、北海道での本大会には、全国から中小企業団体の代表者8,300名が参集した。来賓として、中川昭一経済産業大臣(代理:望月晴文中小企業庁長官)、藤井基之厚生労働大臣政務官岩永峯一農林水産大臣(代理:佐久間隆大臣官房審議官)、小林徹中小企業庁経営支援部創業連携推進課長、内山俊一北海道経済産業局長、江崎格商工中金理事長、石川雅郎中小企業金融公庫理事、武末孝一国民生活金融公庫理事、鈴木孝男(独法)中小企業基盤整備機構理事長、茂木繁(独法)勤労者退職金共済機構理事、岡田明久(独法)雇用・能力開発機構理事長、蓑田茂美()全国下請企業振興協会事務局長、江口浩一郎()全国信用保証協会連合会専務理事、北海道各関係機関代表等多数の臨席を得たほか、小泉純一郎内閣総理大臣をはじめとして各方面からメッセージが多数寄せられた。また、各政党を代表して、自由民主党・甘利明衆議院議員公明党・風間昶参議院議員民主党・小川勝也参議院議員から挨拶があった。

 

  大会では、渡邉廣人大分県中央会会長から「中小企業連携組織対策予算の確保・充実と組合制度の見直しについて」、菊池功栃木県中央会会長から「政府系中小企業金融機関の機能の維持・強化等金融対策について」、岩井滉北海道中央会副会長から「まちづくり推進のための新たな枠組みの構築と地域再生について」の意見発表が行われた後、『景気対策、中小企業対策の充実・強化』『中小企業連携組織対策の確保・充実と中小企業組合制度見直しへの適切な対応』など中小企業が直面する重要課題13項目が決議された。また、優良組合38組合組合功労者72名中央会優秀専従者17名が表彰された。

 

 最後に、決議事項の早急な実現を求める『大会宣言』が採択され、次期大会開催地が東京都であることが発表された。

 

 

 ○決  議  http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/57ketsugi.pdf

 ○宣  言  http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/57sengen.pdf

 

 



 (大会風景)

 

      

   来賓祝辞:中川昭一経済産業大臣(代理:望月晴文中小企業庁長官)

 

 

意見発表:「中小企業連携組織対策予算の確保・充実と組合制度の見直しについて」(渡邉廣人大分県中央会会長:左)

「政府系中小企業金融機関の機能の維持・強化等金融対策について」(菊池功栃木県中央会会長:右上)

「まちづくり推進のための新たな枠組みの構築と地域再生について」(岩井滉北海道中央会副会長:右下)

 

 

All Right Reserved by 全国中小企業団体中央会